スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で挨拶してみる

英語で挨拶するってかっこいいですね。
あこがれませんか?たとえばプロゴルファーの石川遼選手などは短時間での英会話学習で挨拶もできるようになりました。
外国人にあったとき英語で挨拶ができると印象が違ってきますし、新密度もよくなりますよ。
できるだけ相手の立場に立って理解しようとすることがコミュニケーションなのです。
挨拶だけでも相手の国の言葉でできるようになりたいですね。

英語で挨拶するときはいろいろな例文などがあります。
こんにちは!などでもいいですが、まずはどんなときにどんな相手と話すのかが大事になってきます。
仕事なら仕事上の挨拶など学校なら学校での挨拶を使い分けたほうがいいです。
なんでも同じようにしてしまうと個性も面白みもなくなってしまいますからね。

スポンサードリンク


場面に応じた使い分けが大切だということと、あとは相手の目をきちんと見るということです。
相手と目を合わしてできるだけ笑顔で言葉を交わすように心がけましょう。
外国にはそれぞれ国の文化や考え方があります。
恥ずかしいからといって日本と同じように振舞ってしまっても失礼にあたることもでてくるので
相手のお国柄や文化をある程度理解しておいて、相手に好かれる態度を知っておきましょう。

恥ずかしがらず楽しく会話をしようとする気持ちが大事です。
多少発音や文法が違っててもいいじゃないですか。まずは言葉より、自分という人間を知ってもらうのです。上達するには失敗の繰り返しです。誰でもすぐに完璧な会話なんてできないですから。
どんどん英会話に慣れていってなんでも話ができるようになりましょう。
スポンサードリンク


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。