スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の英会話と英語保育


英会話教室って結構高いですよね。スクール選びとしては、見学ができるのならやはり見学に行くのが一番かと思います。講師によっては、下手な人もいますのでチェックしたいところです。

例えばネイティブでしっかり英語ができても日本語がうまくなくて教えることが上手ではない外国人講師だったり、日本人でとても教え方がうまくても発音が悪い講師だったりといろいろな人がいますので、見学してじっくり選ぶことが大事です。


スポンサードリンク


また、最近では子供英会話スクールや英語保育園が人気があります。幼いときから英語になれておけば後々苦労しなくていいという親御さんが増えたのでしょう。いろんなタイプの英語保育園があるのでスクール選びは慎重にしたほうがいいです。

英語の保育ですから、子供は1ヶ月もするとポツポツ話し始めます。ですから、英語習得に関してはあまり心配ありません。場に慣れればどんどん吸収して1年もたてばきれいに話します。その英会話能力は目を見張るものがあります。

それよりも大事なことは、子供が安全に過ごせる場所か、幼児保育の要素がきちんとあるかということです。働くネイティブたちやバイリンガル日本人も幼稚園教諭免許や保育士免許があるかどうか確認しておいたほうがいいでしょう。

子供のことが大好きで、その仕事に誇りをもって仕事をしている人なら理想的です。
やはり大事な子供を預けるわけですからいくら英会話ができても信頼できる保育士でなければいけません。

あと、英会話スクール選びとしても気をつけなければいけないところは、すぐに先生が変わってしまうところです。何か経営に問題があるかもしれません。

それから大事なポイントは英会話ができても、ただの英語を話すだけのネイティブがいるところは要注意です。日本の英語教育市場はネイティブにとって本当においしい市場だそうです。お金儲けだけが狙いのネイティブも多いのは悲しいけれど事実です。

講師として責任とプライドをもった教え方のうまい英会話講師であったほうが上達の早さが違いますし、楽しんで学習ができます。

いい子供英会話スクール、いい講師をじっくり探して選びましょう!
スポンサードリンク


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。