スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス英会話!学校での学び方


日本にいても外国の方と話をする機会が増えてきました。
海外にはあまり行かないから英語は必要ないなどと言ってはいられなくなってきています。

仕事をするにしても外国の方と話す機会がこれから出てくるでしょう。
それでは仕事で使う実践的なビジネス英会話はどうやって学べばいいのでしょうか?


スポンサードリンク


それにはまず、基礎英単語を身につけることが大事です。基礎がしっかりできれば英語が見えてきます
英語を身につけるということは、英語は英語だけで聞き、英語で考え、英語だけで話せる英語脳を育てることです。

できればマンツーマン英会話スクールなどでじっくりと学ぶことができればいいのですが、マンツーマン英会話スクールはやはりそれなりに料金もかかってしまします。

なので、あせらず基礎となる英会話を身につけることがビジネス英会話を極める近道なのです。

中学で学ぶ本当に基礎的な英単語をここでもう一度ネイティブ並に本気で身につけてみましょう。そうすれば英会話力は飛躍的に向上し、TOEICで800点、900点も夢ではありません。
そして基本が身についた人は、さらに高度な英単語もどんどん吸収していくことができるはずです。

一つ一つの英単語が、日本語訳ではなくイメージとして自分の一部のような感覚で身につけるためには大学受験に出てくるような英単語から始めるのはあまりにも困難です。

まず基礎英単語が自分の一部のように感覚で身につくと、英語の基本的発想やものの見方がおのずと身についてくるのです。なじみのある単語から始めると無理なくそのトレーニングが出来ます。
いったん英語的感覚で基礎英単語が身につくと、他の単語もどんどん英語の感覚のまま身についていきます。だからこそ本物の英語力が身につくのです。

基本が一番大事です。実際、私の知る範囲で帰国子女の方々の英語はネイティブとほとんど変わりありませんが、語彙はお世辞にも多いとはいえません。それでも彼らは基礎英単語を自由に使いこなし、自分の意見を自由に述べることが出来るのです。

ほとんど使わないような単語を丸暗記して時間をつぶすより、まず彼らのように基本の出来上がった英会話を使いこなしてから少しずつ語彙を増やしましょう。
それからビジネス英会話を学校などでマンツーマンで教えてもらうと飛躍的に英会話力が伸びてきます。

オンライン英会話などのマンツーマン英会話ビジネススクールなど受けるといいかもしれませんね。


スポンサードリンク


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。