スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス英会話 電話応対


ビジネスの場で使える英語、英会話を知っていれば、いざというとき助かります。
英語が苦手な人であっても簡単な英文を話せるだけで印象がずいぶんと変わりますよ。

本格的にビジネス英会話を学校や英会話スクールで学ぶまえに基礎英単語を身につけましょう。基礎がしっかりできれば英語が見えてきます。

発生する英語での挨拶、電話応対をはじめ、社内でのコミュニケーション方法から海外出張まで、さまざまな状況を想定し、英語で対応できるようしておきましょう。

スポンサードリンク


・はい、こちらは○○です。
Yes, this is ○○(会社名/部署名).

Hello, this is ○○(会社名/部署名).
This is ○○(会社名/部署名), □□(自分の名前) speaking.

・どういったご用件でしょうか?
May I help you?
How may I help you?

・恐れ入りますが、お名前と御社名を伺ってもよろしいでしょうか?
May I have your name (and company)?
May I have your name (and company) please.

・少々お待ちください。
Hold on, please.

・お待たせいたしました。
Thank you for waiting.
I'm sorry to keep you waiting.

・申し訳ありません、○○(人名)は外出しております。
I'm sorry, ○○(人名) is out now.
I'm afraid he/she is out of the office right now.


基礎英単語が自分の一部のように感覚で身につくと、英語の基本的発想やものの見方がおのずと身についてくるのです。なじみのある単語から始めると頭に入りやすいです。

英会話は子供英会話スクールなどで子供のときから慣れていないと上手くなれないと考えている人もいるそうですが、そんなことはないです。しっかりと基礎英語力を身につけていれば大人から勉強し始めても英会話を話せるようになれます。

簡単な英会話を使えるようになってきたらマンツーマンの英会話スクールなどでビジネス英会話を学ぶのもいいかもしれません。ビジネス英会話といっても日常英会話の延長にあるものなので英会話に興味がある人はビジネス英語を積極的に学ぶとより深く英語が吸収できると思います。

また今はオンライン英会話など人気があるのでネット上での英会話の家庭教師などいたら上達も早いです。英語が話せるように頑張りましょう!


参考http://www.eigoplus.com/example/

スポンサードリンク


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。