スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス英会話の挨拶



最近ますます外国人と話す機会が増えて、仕事上でも英会話ができたら便利だろうなあ、と思うときがあります。英会話を自由に話せるようになるには時間はかかるかもしれませんが、簡単なものでもビジネス英会話を使えると印象がかなり違ってくるので、ぜひ覚えておきましょう。

日本での挨拶は、あまり相手の眼を意識して見つめることはしないのですが、欧米人との挨拶の場合、まず初対面ならば握手を交わすことから始め、必ず相手の『眼』をしっかりと見つめます。そして軽く笑顔で挨拶することが大切なのです。


スポンサードリンク


眼をみないで挨拶をすると、「心にやましいことがあるような人」「信用できない人だ」というマイナスの印象に繋がりますから、くれぐれも気をつけましょう。

・How do you do ?     ・*How do you do ?
(始めまして)       (こちらこそ、始めまして)

少しくだけた言い方
・Nice to meet you. 

また名刺交換の後には、名刺を見ながらの会話が有効です。その後さらに仕事の内容や、人間関係を創る会話をします。

通例は、仕事の様子を聞きます。

・How's your business going on?
(仕事の方はいかがですか?)

・Very busy, but everything's all right, thank you.
(とても忙しいですが、何事も順調です。)

・The same as usual
(相変わらずです)

基本的には仕事上ビジネス英語を使うときは会話を交わしながら、お互いの共通の話題を探す努力をしていくことです。そうした思いやりの心が相手に伝わると良い人間関係を作れます。

相手のへの気遣いが、さりげなくできる会話表現をたくさん覚えていると、いざというとき役に立ちます。ビジネス英会話と使うとき気をつけることは日本と文化が少し違うので相手の国の習慣など調べて知っておくといいかもしれません。

お客様を歓迎する一般的な表現としては、

・Thank you for coming over.
(わざわざお越しくださって有難うございます)

・Thank you for coming today.
(本日はお越しくださってありがとうございます)

非常に丁寧な歓迎の表現としては、

・Thank you very much for taking your time to come over.
(わざわざお越しくださり、誠にありがとうございます)


あと、ビジネス英会話学校などで英語を学ぶのなら、単に英文を覚えたり英会話に慣れることだけでなく、国際的なビジネスマナーも覚えて身につけておくといいでしょう。



引用:http://allabout.co.jp/study/bizenglish/closeup/CU20050915A/
スポンサードリンク


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。