スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス英会話での自己紹介例文

国際化が進むにつれて、仕事のうえでも英会話ができることが必要になることがあります。
これからのことを考えて英語で自己表現することが大事になってくるでしょう。

特にビジネスにおける英会話は話せるか話せないかで仕事の結果が大きく違ってきます。
ビジネス英会話ができれば仕事においても様々な選択肢が増えて可能性が広がります。まずは自己紹介からできるようにして少しずつ仕事で使えるビジネス英会話を学んでいきましょう。

英語での自己紹介する際に、すぐに使える英語表現をご紹介。

オススメはこちら
挨拶・自己紹介のしかたを中心に実生活に密着した30シーンをセレクト.



ビジネスにおける一般的な英会話の自己紹介として、まず何を話したらいいのでしょうか?
迷った時には

「自分の名前」と「自分の仕事」「勤務先会社名」「肩書き」「職種」等

の項目について話せるようになっておきましょう。
ビジネスにおいて特に会社情報が大事なのでビジネス英会話を学ぶにはまずここから覚えておくといいです。

例えば、次のように簡単に自己紹介することができます。

・ My name is Kazuhiro Takemura.
(名前は、竹村 和浩といいます。)

・I work for ABC Co., Ltd.
(ABC株式会社に勤務しています。)

・ I'm the manager of the Sales Department.
(海外営業本部の部長をしています。)
*I'm in charge of the Overseas Affair Department.

上記3点が最も一般的な自己紹介の項目と表現です。

さらに、様々な言い換えの表現があります。状況によって使い分けをすることが大事です。とりわけ、初対面の場合には、相手のトーンに合わせて話すと距離を縮めることができます。

あと大事なことですが、日本での挨拶は、あまり相手の眼を意識して見つめることはしないのですが、欧米人との挨拶の場合、まず初対面ならば握手を交わすことから始め、必ず相手の『眼』をしっかりと見つめます。そして軽く笑顔で挨拶することが大切です。

本格的にビジネス英会話を学びたいという人が増えてきてますが、ビジネス英会話を上達させる近道は、やはりビジネス英会話学校などでマンツーマン指導を受けることがいいでしょう。

通う時間がないという人にはオンライン英会話学校のマンツーマン指導も人気があります。
じっくり選んでいき、自分に合う探しましょう。



引用:http://allabout.co.jp/study/bizenglish/closeup/CU20060327A/




検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。